女性と家庭とストレス

日々の仕事や家事、介護などによって、ストレスを抱えこむ人は多いと言われています。ストレスについては、昨今において重大な病気の前触れだという意見を述べる人もいるなど、興味関心が高まっている傾向があります。そんな中において、いかにしてストレスを発散させるかという話題が盛り上がりを見せています。具体的なストレス発散方法としては、旅行やカラオケ、アロマテラピーなど多岐に渡っています。夫婦が揃って出かけるというのも、ストレス発散の一つとする人も増えていると言います。

女性の場合には外で行う仕事はもとより家事や育児、介護などを担っているケースも多く、男性よりも精神的な負担が大きくなることが多いです。その為、女性の心と身体のバランスについての議論が度々巻き起こっています。昨今においては、ワークライフバランスという言葉がクローズアップされていますが、これは仕事と家庭の両立ということに言及した言葉であり、特に男性が家事全般に関わることによって女性の負担を回避するという意味合いも大きくなっています。今までのように、男性が朝から晩まで会社にいるという形が否定されつつあるのです。家庭内における妻や夫のあり方に、一石を投じていると言えるでしょう。もはや家事対しても、男性が積極的に参加することが求められているのです。ストレスが多い現代社会では、昔のような亭主関白の家庭というのは向いていない形なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です