日常の中に緑をプラス

毎日の仕事が忙しく、ついついストレスを溜めこんでしまいがちな女性も少なくありません。職場での人間関係から生じる些細なストレスも、放っておくと蓄積してしまう一方です。ですから、自分に合ったストレス発散法を身に付けておくことが大切です。休日に軽い運動をしたり、趣味の時間を作ったり、アロマや半身浴をするなどもおすすめです。私は『ストレスチェックLabo』を読んで半身浴をするようにしたところ、ストレスが緩和されてリラックスして就寝出来るようになりました。

自然の多い場所へ旅行するのもストレスを発散する良い方法の一つですが、忙しい人はなかなか時間が取りにくい場合も多いかと思います。そんな人は、日常生活の中で植物を育てることをプラスすることで、出勤前や帰宅してからの時間に緑と親しむことができます。ベランダや自宅の庭でガーデニングを行ったり部屋の中に観葉植物を置くだけでも、日々少しずつ成長していく様子を観ていると心が休まり、癒しの効果が期待できます。樹木にはフィトンチッドと呼ばれる成分があり、この成分が人間の自律神経に働きかけてリラックスさせてくれる効果があることが分かっていますので、緑と触れ合うことによってヒーリング効果も得られやすいのです。観葉植物を育て始めたばかりの頃は水やりを忘れてしまったりすることもあるかもしれません。しかし、丁寧に世話を続けることによって植物はすくすくと育つので、新芽が顔を出しているのを発見した時の喜びや花が開いた時の感動など、日常の生活の一コマに小さな幸せを運んでくれるでしょう。観葉植物の中にはマイナスイオンを特に多く放出するとされている種類もあるので、そうした種類の植物を取り入れればストレス解消と同時に、疲労を予防したり免疫力アップなども期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です